NEXCO東日本グループ

株式会社ネクスコ・エンジニアリング新潟 Nexco-Engineering Niigata Company Limited

テキスト表示

採用情報

設計(土木)

「誰にも負けない技術者になりたい。」目指すは、橋梁のスペシャリスト。岡崎 清也 2013年4月入社 土木技術部 土木設計課 生産工学研究科 土木工学専攻 修了

志望理由は、興味と確信でした。

 大学院では、橋梁の維持管理について研究。将来はスケールの大きなモノづくりに携わりたいと思っていました。数ある企業から当社を志望した理由はいろいろとあるのですが、特に大きな要因は、“業務内容への興味”と“確信”です。大学院の研究室のOBから当社の話を聞かされていたこともあり、もともと興味はありました。それで会社のことを調べたのですが、仕事内容と研究内容に関わりがあること、そして、技術力が他社から高く評価されていることを知ったんです。ネクスコ・エンジニアリング新潟なら、自分の知識を活かして、より高みを目指せると感じて志望しました。

教科書では、決して学べないものがある。

 現在は土木に関する調査設計の担当として、橋などの構造物に関する調査・設計・補修補強対策の検討を行なっています。これまで大学で学んできた事とは、比較にならないほど、現場はたくさんの気付きで溢れていました。特に新潟県内の橋梁は、飛来塩分や、冬期において道路上に散布する凍結防止剤により発生する塩害、凍結融解の作用による凍害などの影響が過大と、過酷な自然環境にさらされています。そんな環境から構造物をどう守るのか、その時の最善を考え抜く毎日は、自分をスキルアップさせてくれていると感じますね。また、若手に対して仕事をどんどん任せてくれる風土も、当社の特徴です。入社1年目に携わった、高速道路上での車両の速度を測定して、危険箇所への対応を図る交通安全対策では、調査場所の設定・計測・分析などをやらせて頂き、自信をつけることができました。また、入社1年目に「ITS国際会議」というイベントで、英語でスピーチもさせてもらったのも貴重な経験だったと思います。
 まだ入社2年目。この恵まれた環境の中で経験を積み重ね、ゆくゆくは構造物、特に大学時代に夢見た橋梁のスペシャリストとして活躍したい。当社内だけでなく、社外からも頼られるような存在を目指したいと思います。