採用メッセージ

「あたりまえ」を支える仕事に必要なこと

物資・人・情報が行き交う高速道路。そのあたりまえの風景は、実はあたりまえではありません。時間とともに、道路もトンネルも橋も劣化し、それが進行していくと、道路が使えなくなることもあるのです。私たちは技術の力で、未然に危険をキャッチし、スピーディに修復し、「あたりまえ」を保ち続ける専門家集団です。

もちろん、土木や電気・通信・機械の技術や専門知識は必要です。けれど、その前に、いやそれ以上に必要なことがあります。それは人としての力です。私たちの仕事は一人ではできません、公共性の高い仕事で責任は重大です、そして、技術は進化し情勢は変化します。
ですから、
チームワーク志向を持つ人
最後までやり遂げる人
問題意識と探求心を持つ人
私たちは求めます。

土木と施設 2つの仕事

新潟県内の高速道路を守るため、エンジニアは土木と施設(電気・通信・機械)2つの仕事で保全点検・調査設計・保全工事・施工管理などを担当します。
具体的には、土木職では、トンネル・橋梁・舗装・のり面・植栽などの点検・調査・補修工事の設計・施工管理を行います。施設職は、照明・標識・情報板など道路設備・雪氷用設備・電線路設備に対して点検・保全工事・調査設計・施工管理を行います。

資格取得によってエンジニアとして成長できる

入社後は、経験すべき職務や必要なスキル、目標とすべき資格などを時間軸と共に明確にした独自のキャリアパスを元に、土木もしくは施設職で、3つの基本的な職務を10年で経験して、幅広い知識と経験を積んでください。
ネクスコ・エンジニアリング新潟では、今、技術士5名を含め総資格保有数は630にのぼります。平成30年には、高速道路点検の重要性が公的に認められ、新たに「高速道路点検診断士」「高速道路点検士」資格が国土交通省登録資格としてスタートしました。こうした資格取得は、エンジニアにとってやりがいや達成感、モチベーションアップになるもの。エンジニア集団の当社ですから、仕事に関わる資格取得は全面的にサポートしますし、取得後は1人につき2つまで毎月資格手当を支給します。一人ひとりの努力が反映され、認められる風土がここにあります。

メッセージ

日本に高速道路が生まれて56年。構造物の老朽化が社会問題になり始めた今、高速道路は「建設する」から「補修する」にシフトしています。そのための点検と保全は、高速道路が存在する限り続きます。私たちの役割は重要です。人の目には見えにくい、縁の下の力持ちかもしれませんが、私たちの仕事は、今日の安全を明日に、未来につないでいく社会に欠かせない仕事です。新潟に暮らす人々の笑顔のために、あなたの力をここで発揮してください。ご応募をお待ちしています。