理念・方針・行動規範

暮らしを守り、道の未来を見つめて

経営理念

ネクスコ・エンジニアリング新潟は、高速道路技術の専門家として、高速道路の効果を最大限発揮させ、地域社会の発展と暮らしの向上に貢献します。

道路の専門家→高速道路の効果→地域社会の発展・暮らしの向上

経営方針

NEXCO東日本グループの一員として経営ビジョンを共有し、技術力をもって高速道路の健全性向上に寄与し、公正で透明な経営を目指します。

お客様:お客様にご満足をお届けする企業を目指します。/社員:社員一人ひとりがやりがいを実感できる企業を目指します。/社会:社会から信用される企業を目指します。

理念・方針に基づく行動

私たちの持つ中心技術(コアコンピタンス)は、「高速道路を診断する技術」すなわち、高速道路の健全性を点検・診断する技術、発展的には他の社会インフラにも通ずる技術であると位置づけ、行動の規範とします。

技術を育て、社員が育つ会社を目指します。

  1. 点検・診断・補修技術を修得し業務に生かします。
  2. 現地、図面、資料などから高速道路を 知る技術を習得し業務に生かします。
  3. 計画的に教育、訓練を実施します。

技術力を発揮し、社会に貢献する会社を目指します。

  1. 道路、設備の機能を技術力で保全します。
  2. データに基づく保全計画を提案します。
  3. 他のインフラへの技術的応用を検討します。

公正、透明性を重視し、効率化を図り、企業価値を高めます。

  1. コンプライアンスを重視した企業活動に努めます。
  2. 常に目的意識を持ち、業務改善に努めます。
  3. コスト意識を持ち、効率化を推進し、健全な経営を目指します。