テレビでみたトンネルを掘る仕事に憧れた

土木保全部 保全調査課 主任
2011年入社

本馬 幸治
KOJI HONMA

仕事内容

橋梁やトンネルなどコンクリート構造物の老朽化対策です。法令点検で措置が必要と診断された構造物の劣化状況を調査し、サンプルを分析して、どういう補修をどのように行うかを検討し、提案します。

入社の理由

中学生の頃、テレビで見たトンネルを掘る仕事に憧れ、高専や大学ではコンクリートについて学びました。在学中にコンクリート構造物の劣化が話題になり始め、学んだことを維持管理に活かしたいと思ったのが志望動機です。

大切にしていること

現場をよく見ること。同じような外見の変状でも進行スピードが違うことが多々あります。自然環境や気象条件なども踏まえて、丁寧に観察します。机上ではわからないので、経験を積んで見る目を養っていきたいです。

入社後の自身の変化

親不知海岸高架橋の補修現場を経験し、視野が広がりました。波浪が厳しく大型の波消ブロックも恒久的ではないような過酷な環境の中で、コンクリート補修工事の最前線を経験することができました。

今後の目標

これから高速道路はますます補修が必要になってくると思いますが、高速道路の「縁の下の力持ち」として、お客様が何の心配もなく、あたりまえに通行できる高速道路を5年後も10年後も提供し続けたいです。

メッセージ

技術は日々進化しているので、入社後に覚えることが多い仕事です。だから、土木を専門として学んでいなくても、覚える意欲があれば大丈夫です。周囲も支えてくれますし、私も教えますから。

一覧へ戻る