社会インフラを相手にする責任重大な仕事

施設技術部 施設設計課 主任
2011年入社

内山 雄太
YUTA UCHIYAMA

仕事内容

トンネルの付帯設備であるジェットファンなどの換気設備や、火災検知器などの非常用設備の設計を担当しています。構造物同様、高速道路上の施設も今が入れ替え期で、忙しいサイクルの中にいます。

入社の理由

学生時代は半導体の研究をしていましたが、その分野にはあまりこだわらずに、地元の新潟県でモノを作る仕事をしようと就活。社会インフラを相手にするスケールの大きさが決め手になりました。

大切にしていること

非常用施設はお客様の安全に直結するので、わずかなミスも許されません。最終判断は一人で行わず、相談してWチェック。改修なら以前の設計と、新規なら類似設計と比べて慎重に仕事を進めます。

今後の目標

「機械のことなら内山に聞け」と言われるようになりたいですね。それには、数多くの現場や業務を経験し、ベテラン社員から知識やノウハウを受け継いで、成長していかなければと思っています。

入社後の自身の変化

新人研修後に千歳の高速道路建設現場に出向し、開通に立ち会いました。お客様が並ぶんですよ! こんなにも期待されている仕事なんだと実感でき、気持ちが一層前向きになりました。単純ですみません…

メッセージ

生涯初の入社先は大事。簡単に妥協せず、自分の目で確かめて決めましょう。業種を絞らずに様々な会社の説明会に出向き、会社の雰囲気を体感し、先輩社員と話してみると会社のことがよくわかりますよ。

一覧へ戻る