仕事の段取りも、職場の雰囲気作りもバッチリ!【長岡道路事務所 施設課】

しごと 2019/05/01

社員の所属・記事内容は、記事公開日当時のものです。

メンバー
  • 近藤 翔麻さん(26歳)
    長岡道路事務所 施設課

  • 河本 敬文さん(40歳)
    長岡道路事務所 施設課 主任

今回は、長岡道路事務所の施設課のおふたり。河本さんにとっては「自分の息子の方が歳が近い」近藤さん。近藤さんにとっては「お父さんと言うよりはお兄さん」のような河本さん。お互いの印象や働きぶりを伺ってみました。

自己紹介をお願いします。

河本:河本敬文です。平成21年9月にキャリア採用で入社し、本社の施設調査設計課にいました。3年前の平成28年8月よりこちらに配属になり、主に電気・通信関係の工事の施工管理を担当しています。趣味はサッカーです。

サッカーは見る方?やる方?

河本:私自身は高校生の時にやっていたぐらいで、今は専ら「指導する方」ですね。子どもたちも3人ともサッカーをやっています。実は日本サッカー協会認定の指導者ライセンスC級を持っていて、地元三条の少年サッカークラブのコーチや、県の女子サッカーU-12・15のコーチもやってます。今年はB級ライセンスを狙おうと思って、受講のため聖籠まで通っています。

す、すごい本格的なんですね!近藤さんも自己紹介をお願いします。

近藤:近藤翔麻です。入社3年目で、ここが初めての配属先です。主に電気関係の工事の施工管理を行っています。私の趣味はサッカーではなく、バスケです。見るのもやるのも好きですが、最近はアルビBBにハマっています。地元長岡ですし、家族で見に行っても盛り上がって楽しいですよ。

おふたりの普段の印象は?

河本:一言で言うと「どんなことでもそつなくこなす、ダチョウ倶楽部の肥後」ですね(笑)。見た目通り優しい性格ですが、意外にしっかりしていて、自分の意見をしっかりと持ち、積極的に動くことができる人です。

「意外にしっかり」のエピソードとは?

河本:昨年秋にあることがきっかけで「消防法」について理解を深める必要が出たのですが、指示されたわけでもないのに、彼が率先して調べてまとめ、みんなに教えるところまでやってくれました。黒板に書いたりなんかしてね、すごかったですよ。あの行動力には驚きましたね。

近藤:あの時は、私にできることが限られていたので、「これならできる!」と思ったことをしただけです。

河本:今では「消防法は近藤に聞け」ってなってるよ(笑)。

近藤:いやいやいや(笑)。私にとっては河本さんこそ、何を聞いても答えてくれる頼れる上司です。いつも質問しやすい雰囲気を作ってくださるだけでなく、聞いたこと+αの答えを返してくださるスゴイ方です。何気ない会話がとても勉強になります。また仕事に対する姿勢や、プライベートとの両立など、人としてお手本にしたい点がたくさんあります。

河本:照れるなぁ、コレ(笑)。まぁ、悪い事は言えないもんね(笑)。

近藤:いや、本当にお世辞ではないんです。常に明るく、気さくで、質問には笑顔で答えてくれる、最高のOJT担当者かつ上司に出会えたと思っています!

河本:……(照)。

近藤流 仕事の流儀

常に素直に!元気に!

入社3年目でまだまだできることは少ないのですが、常に素直でいることと、元気でいることを心掛けています。分かったふりをしない、分からないことは聞いたり調べたりする素直さを持ちつつ、職場を明るくできるくらいの元気さを持ち続けたいです。ちょっと怖い方に対しても、明るく元気に話しかけます!(笑)

今年9月竣工予定 トンネル照明工事にかける思い

私が入社した2017年の秋からずっと、発注業務から工期末までを一貫して担当しているトンネル照明工事が、今年9月に竣工予定なんです。何もかもが初めてで、周りの方々に支えられながらここまで来ることができました。無事に竣工を迎えられるよう、最後まで気を抜かずに頑張ります。(竣工まで、どうか異動がありませんように!)

これからこうなりたい!

自分で抱え込んで動けなくなるよりも、すぐにアクションを起こして仕事を先に進めることが大切だと思うので、スピード感をもってテキパキと仕事をこなせるようになりたいです。まさに河本さんのように!

河本流 仕事の流儀

段取りの良し悪しがその後の仕事を左右する

「仕事は段取りが8割」と言われますが、これは本当だと思います。特に、業者さんや他の皆さんの力を借りなければ仕事を進められない私たちは、この段取りをスピード感をもって取り組むことが重要。その後の関係者が楽にスムーズに動けるよう、自分が早く動くことを常に意識して取り組んでいます。

段取り・調整・協力 その結果得られる達成感

段取りを早く的確に行った結果、調整が上手くいき、多くの方から協力を得られる。その結果として工事や試験が上手くいった時には、大きな達成感を感じます。段取りを含め仕事を上手く進めるためには「お願いをする」「話をする」「御礼を言う」というような基本的なことが大切なのかなと思っています。

これからこうなりたい!

いろんなことを細かい部分までご存じで、何かお尋ねすると「あーそれはね…」とすぐに答えてくださる諸先輩方のように、私も後輩からの問いにすぐに答えられるよう、経験と知識とスキルを高めていきたいです。